『敷金/礼金』『保証金/解約引き』の違い

こんにちは。北海道不動産リアルの高橋です。

今日は、不動産用語辞典の「か行」「解約引き」について、アップしました。

『敷金/礼金』『保証金/解約引き』の違い

解約引きとは、契約時に保証金または敷金のうち、解約時に借主への返還対象とならない金額のことですが、関東と関西の表記が異なるなど賃貸物件のある土地によって習慣が異なります。

関西では『保証金/解約引き』の表記が多く使われ、関東では、『敷金/礼金』の表記が使われていました。
ただ、最近では、関西方面でも『敷金/礼金』表記が多くなっているという話もあります。

礼金というと入居時にオーナーに支払われるお金になりますが、解約引きというと礼金をもらわない代りに解約時に礼金分のお金を保証金の中から引きますよという意味合いで扱われてきました。

  • 敷金:10万円 礼金:10万円
  • 保証金:10万円 解約引き:10万円

これは、結果的にはどちらも同じことを意味しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする