はじめての確定申告 | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの高橋です。

2月も下旬に入り、確定申告の時期がやってきました。
アパートやマンションのオーナーは、1年に一度の大仕事の季節到来です。

さて、今までサラリーマンで今年から大家さんになったという方は、「確定申告が始めて!」という人もいらっしゃると思いますので、簡単に確定申告についてご紹介します。

確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得と支出にもとづいて税額を計算し、翌年の2月16日から3月15日の間に申告・納税することです。

サラリーマンの場合は、会社がすべての申告を代わりにやってくれますので、確定申告を行う必要はありません。また、1年間の給与合計額が103万円以下の場合も、所得控除を差し引くとゼロになりますので確定申告をする必要はありません。

給与以外に所得がある人、もしくは、103万円以上の所得がある人が確定申告の対象となります。

無申告加算税

確定申告を忘れていると思わぬペナルティが発生します。
確定申告を忘れていたり、申告しなかったりする場合に、罰則として「無申告加算税」が課税されますので注意が必要です。無申告加算税は、税務署から調査を受け確定申告期限後に申告をした場合、税務署から決定された所得総額に応じた税金に加えて「無申告加算税」が課税されます。「無申告加算税」は、納めた税金の金額が50万円までは15%、50万円以上の場合は20%を上乗せされる大変厳しい罰則税となります。

確定申告のやり方

かつての確定申告は、税務署に用紙を取り入って、記入して、などの何かと手間のかかるものでしたが、インターネットが普及した現代では、インターネットから確定申告の書類をつくることができます。

それがこちら「確定申告書作成コーナー

ここで入力しおえたら、ネットから電子申告データとして電子申告しても良いですし、プリントアウトして所轄の税務署に郵送してもOKとなっています。

電子申告であれば、手間もかからず楽ではあるのですが、「電子証明書」や「ICカードリーダライタ」を準備する必要があり、初期費用がかかってしまいますので、コスト的なことを考えるとプリントアウトし郵送するのがベストなのかもしれません。

また、宜しくお願いします。