カラ権とは、空の権利証のこと。

edar / Pixabay

こんばんは。北海道不動産リアルの高橋です。

今日は、業界用語、カラ権についてのお話です。

カラ権とは、空の権利証のこと。

カラ権とは、空の権利証・登記済証のことです。つまり、抵当権設定などの抹消登録後の効力のない登記済証書のことです。

今は、あまり聞く事がなくなりましたが、かつて、効力を失った登記済証書を効力のある権利書であるかのようにして使用する人がいました。そんな人々の行動から産まれた不動産業界の業界用語です。

登記済証のカラ権ついでに、よくある勘違いの例ですが、『

カラ権

『登記簿謄本』と『登記済権利証書』はまったく異なるものです。登記簿謄本は、土地または建物等の証明書の『写し』であるのに対し、登記済権利書は、そこに書いてある土地または建物等の権利の証明書です。あくまで登記簿謄本は写しというところに注意しましょう。