住宅瑕疵担保責任保険とは

danfador / Pixabay

こんにちは。北海道不動産リアルの高橋です。

今日は、午後から雪が降り続く一日となってしまいました。天気予報によると来週にかけて気温が下がり、最低気温がマイナス8度という予報も。関東以西では、エルニーニョ現象の影響で記録的な暖冬が続いているようですが、北海道・東北は平年並みということで、相変わらずの雪となりそうです。

住宅瑕疵担保責任保険とは

さて、本日は、不動産用語辞典に「住宅瑕疵担保責任保険」についてアップしました。

住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅瑕疵担保保護行法に基づいた新築住宅に瑕疵があった場合に、保険金が支払われるという制度です。建築を請け負う建築会社や不動産業者に加入を義務付けた保険ですので、オーナーの皆様には加入の必要はありません。

住宅瑕疵担保責任保険は、平成21年10月1日以降に建物を引き渡したとなっている為、現在、建築されている、もしくは、これから建築されるアパート・マンションは、すべて、この住宅瑕疵担保責任保険の対象になっているということになります。

過去の事件を教訓に成立された保険

これは、平成17年におきた構造計算書の偽装、いわゆる「姉歯事件」をきっかけに検討され、法律が成立したという背景があります。消費者保護の観点から検討され、法整備された保険制度なのです。