収益還元法とは

利回りの考え方

収益還元法

Unsplash / Pixabay

利回りの考え方は、ひとつではありません。

収益還元法現在価値正味価値IRRキャップレート たくさんの考え方が発案され提唱されていますが、今回は、その中でも最も一般的な「収益還元法」について、簡単に解説したいと思います。

収益還元法とは

収益還元法とは、不動産の鑑定方法のひとつで、収益物件が将来的に生み出すであろう純収益の総和を求めることによって、物件の購入額を決めてしまおう!という手法です。

その計算方法は、

年間家賃収入÷(利回り×100)=投資金額(円)

投資家が求める利回りを先に決めておくというのが、収益還元法の特長になります。その為、ついつい欲を書きすぎてしまうと収益還元法ではじき出される物件の購入額が低くなってしまい、いつまで経っても収益物件を購入することができないなんてことになってしまいます。

「収益還元法はあくまで、購入物件を評価するための手法のひとつ」ということを前提に上手に活用するのがおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする