収益物件オーナーは必ず持っている建物のマイナンバー。家屋番号とは?

こんにちは、北海道不動産リアルの高橋です。

今日は、収益物件のオーナーになると必ず持つことになる家屋番号について、ご紹介したいと思います。

家屋番号とは?

家屋番号とは、

登記簿に必ず記載される建物を特定するために登記事項であり、登記所(登記官)が一個の建物ごとに付ける必ず付与する番号のことなのです。

アパートやマンションのオーナーになった場合、必ず所有した建物には、家屋番号が割り当てられているのです。

不動産登記規則という名前のつけられた法律に、

—————————————-

第百十二条  家屋番号は、地番区域ごとに建物の敷地の地番と同一の番号をもって定めるものとする。ただし、二個以上の建物が一筆の土地の上に存するとき、一個の建物が二筆以上の土地の上に存するとき、その他特別の事情があるときは、敷地の地番と同一の番号に支号を付す方法その他の方法により、これを定めるものとする。

—————————————-

と定められ、法の下に必ず付与しなければならない番号とされています。

家屋番号について、もっとわかりやすく言うと

法律というものは、何故か、人がそのまま読んでもなかなか理解しにくいような文章でわざわざ書かれているため、非常にわかりにくいものですので、要約しますと、

  • 通常は、建物が立てられている地番と同じ番号をつける。
  • ひとつの土地に建物が複数立っている場合には、敷地の地番と同じ番号に支号をつける。(例:地番10の場合、建物1は10、建物2は10-2)
  • 複数の敷地(2筆以上)に建物が又がっている場合は、床面積の一番多い土地の番号をつける。

という具合に、建物に付与する家屋番号は、なるべく分かりやすい番号を付与することになっているのです。