寄託契約とは

rosalaboral / Pixabay

こんにちは、北海道不動産リアルの高橋です。

今日、札幌では、すっきりとした青い空を見ることができました。このまま、青い空が続くと良いのですが^^;

さて、本日は、「寄託契約」についてご紹介したいと思います。

寄託契約とは

寄託契約。あまり聞きなれない言葉ですが、寄託契約とは、自身の物を第三者に預けておくこと、契約のことを「寄託契約」といいます。

例えば、所有しているマンションの鍵を、マンションを管理している不動産管理会社に預けておくこと、もしくは契約のことです。
物を預けておく人のことを「寄託者」、物を預かる人を「受寄者(じゅきしゃ)」と言います。

収益物件のオーナーになった時に、はじめて、寄託契約を結んだという人も多いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする