【不動産投資の基礎知識】レジとは

こんばんは。北海道不動産リアルの高橋です。

先日、お客様から「レジって何?」と質問を受けましたので、不動産用語辞典に簡単な説明ですが、レジについてアップしておきました。

繰り返しになりますのでここでは補足的な意味でご説明しておきますと、「レジ」とは、レジデンス(residence)の略で、不動産業者や銀行の担当者などの間では、一般の「賃貸物件」のことを言います。”一般の”とあえて付け加えた理由が、「商業用」はレジの中には含まれないからです。

いわゆる、「レジ」というのは、住居用の賃貸アパート・マンション。ということになります。

レジデンス(residence)を直訳すると住居や住宅という意味になるらしいので、ややこしい限りですが、覚えておくと、銀行の担当者との融資交渉の際に少しだけですがスムーズにいくかもしれません。

世間的に「レジデンス」というと、やや高級志向なマンションなどの名前の冠として使われるケースが多いかもしれません。

レジ=住居用賃貸物件

なんて覚えておくといつか役に立つと思います。^^

一棟マンションをお得に売りたい
収益物件の仲介料割引サービスはこちら