【不動産投資の基礎】不動産賃貸経営の利回りの計算方法

不動産賃貸経営の利回りの計算方法

利回りとは? 支出する総額に対する利益の割合のことです。

不動産物件に投資する場合、支出したお金がどれくらいで回収でき、どれくらいの利益をあげていけるかを把握した上で、不動産を購入しなければなりません。

利回りには、3つの利回りがあります。それが、「表面利回り」「実質利回り」「想定利回り」です。

3つの利回りの簡単な説明と計算式は以下の通りです。

表面利回り

「表面利回り」とは、年間の家賃収入の総額を物件価格で割り戻した数字です。「グロス」ともいいます。不動産物件を購入する際の最初の目安となるのが、表面利回りです。

表面利回りは、

 表面利回り=年間収入÷物件価格×100 

という計算式で計算します。

「実質利回り」

「実質利回り」とは、年間の家賃収入から固定資産税・火災保険料・賃貸管理費・仲介手数料などの諸経費を引きた額を、諸経費を含んんだ購入費用で割った数字です。ネットともいいます。

 実質利回り=(年間収入-諸経費)÷(物件価格+購入時の諸経費)×100

「想定利回り」

満室を想定した年間の家賃収入を物件購入費用で割った数字です。

 想定利回り=家賃/月×部屋数×12÷物件購入費

以上から、不動産を購入する際は、想定利回りと表面利回りである程度の指標をつけ、実質利回りで実際手元に残るお金がいくらになるのかを確認しながら進めるのが、通常の流れになります。