『住宅型有料老人ホーム』と『不動産投資』

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。   不動産投資物件と言うと大半の方は、賃貸のアパート、マンションの一棟、区分マンション、テナントオフィスビルなど思われますが、意外と知られていない投資物件として『住宅型有料老人ホーム』があります。                              
                                                  
『住宅型有料老人ホーム』と『不動産投資』との組み合わせの意外性に驚かれた方がいるかもしれません。  
                                                  
私も長く不動産投資物件の販売、仲介をしてきましたが、実際、私がこの『高齢者物件』最初に販売したのが4年ほど前になります。そのときは、たまたま知り合った介護事業者が所有していた『有料老人ホーム』を売却したいとの話でした。

                                     
ただ、土地建物の売買(オーナーチェンジ)で、既に建物内で介護事業をしていて順調なので、その介護事業者が長期借り上げの賃貸契約をする条件付の売買でした 。購入された方は、東京在住で都内に数棟賃貸物件を所有しており、札幌市内にも賃貸物件を3棟所有していました。                         
                                                  
私とは10年以上のお付き合いのある方で、その時も、良い物件がないか札幌に来られて案内をしていましたが条件に合う物件が無く、東京へ帰ることになり千歳空港へ御送りしている車内で、数日前に物件資料をもらった『有料老人ホーム』の一棟売り物件を思い出し、たまたま空港への通り道だったため、物件の簡単な説明と外見を見ていただきました。                                        
                                                  
それから話が進み、融資に少し手こずったのですが無事決済となりました。               
                                                  
今では、他の所有している物件と比較しても、安定していて手も掛からず、こんなに良いものはないと言われています。                                               
                                                  
一般の投資物件と比べると、ハードルが高いように思われますが、私の御紹介している方には一般のサラリーマンの方もいますので、他の不動産投資物件と同じく検討して頂きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする