『団信』による保障は魅力的です

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。不動産投資を個人で行う場合、金融機関から融資を受けることが多いと思いますが、その場合、ローンに団体信用生命保険を付けられるため、既存の生命保険に加入しなくても十分な保障を受けられるというメリットがあります。                          
                                                  
『団体信用生命保険』、略して『団信』とは、所有者が不動産のローンを返済しきる前に、万が一、不慮の事故や病気で亡くなってしまったとしても、保険会社が金融機関にローン残債を支払ってくれるという保険です。 
                                                  
これにより、遺族はローン返済済みの物件を相続できるようになります。                 
                                                  
通常は最大1億円までですが、金融機関によっては2億円や3億円の仕組みが用意されているところもあります。パーッケージ型のアパートローンを個人で組んだ場合には、融資実行の必須条件にされることも多いです。 
                                                  
債権者本人の死亡など、万一の際にはローン残金が保険で完済されるため、ご家族に無借金の不動産を残せます                                                 
保険料は毎月のローン返済に含まれていますから、いわば死亡保障の生命保険に入るのと同じようなメリットがあるわけです。                                           
                                                  
今、掛けられている生命保険で保障金額が高額になればなるほど、高い保険料を支払い、しかも、数社の生命保険に加入されているとした場合、月の保険料の総額はいくらになっているのしょうか?           
                                                  
この『団信』保険料が、ローンの支払いに含まれ、そして月々の家賃収入から賄うことが出来るのであればありがたい事です。そして、キャッシュフローまで出るのですから。