これからの新しい不動産投資

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。     不動産投資の種類には、色々な種類があるのはすでに皆さんもお解りだと思います。                                    
                                                  
 今、私がお勧めしたいのは、高齢者向共同住宅の一棟企画物件です。高齢者施設と言っても種類が色々あります。 特別養護老人ホーム、サービス付高齢者共同住宅、有料老人ホーム(介護系、住居系)などよく聞く施設ではグループホーム(認知症対応介護施)などがあります。                    
                                                  
今、この高齢化社会において上記のような、高齢者が住む施設が足りない事が上げられます。今日の北海道新聞の一面に載っていましたが、現在、国が負担している医療費が非常に高く、国の財政を圧迫している状況です。
                                                  
そこで、病院に長期入院している緊急性のない老人を在宅へと移動させる動きがあります。        
                                                  
そのなかで
在宅へ移動する事の出来ない老人を受け入れる高齢者施設が、今後、どんどん必要になり、国の負担を減らす為にも民間の高齢者施設を経営する会社が高齢者施設物件を建てていかなければなりません。       
                                                  
特別養護老人ホームは、全国でかなりの待機者がいて、
どこの施設も入りたくても入れない状況で、入居できるまで数年かかることもあり、その間に介護度が進んでしまう、そして、介護による家族の負担もかなり厳しい状況です。                                        
                                                  
このような事から、割と入居がスムーズに進む有料老人ホームの需要が多くなってきています。       
                                                  
私が、これからお勧めしていきたい不動産投資物件の一つに、この有料老人ホームの企画があります。不動産投資プラスある意味、社会貢献でもありながら利益を上げることができる、素晴らしい投資です。     
                                                 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする