ほとんど手間のかからない不動産投資

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。  最近の日銀の金融緩和によって、銀行の預金金利も下がり預けていてもほとんど利息のつかない状況になりました。                           
                                                  
しかし、これから銀行の融資を利用して不動産を購入しようと考えている方には、借入金利が下がることによりキャッシュフローが増えるなどのメリットがあります。                         
                                                  
不動産投資の目的は、人により違いもあると思いますが、大半の方はキャッシュフローを目的に購入されている為、現在のこの状況は不動産投資にとって追い風です。                         
                                                  
他の投資(株、FX)で毎日時間を取られ、日々の値動きに神経をすり減らすようでは、本業に支障がでます。 
                                                  
その点、不動産投資は物件の購入さえ間違えなければ、あとは安定的な収益を得られ、普段ほとんど手間のかからないようにすることができます。                                  
                                                  
ある程度の投資規模をめざし、事業として行う場合は多くの物件を自ら管理する事は、効率性や本業への影響などを考えるとあまりお勧めできません。                                
                                                  
外部の管理会社に業務を代行してもらうことが現実的な選択となるでしょう。               
                                                  
そうして管理会社に業務委託をすることで、オーナーが日常的に行う業務としては、原状回復リフォーム等で資金支出が必要とされる場合などに、管理会社から報告を受け、最終的な意思決定を行うくらいしか残りません。
                                                  
もちろん、最初の段階で条件の良い物件を探し、管理会社と良好な関係を維持しながら、満室に近い入居率で運営する仕組みをつくる必要があります。                                
                                                  
最初からほとんど手間がかからないというわけではありませんが、いったん物件を取得し仕組みが回り始めたらあとは非常に時間効率のよい事業となっていきます。                          
                                                  
不動産の家賃収入のことを、よく『不労所得』と呼びますが、多少言い過ぎなところもありますが、あながち間違ってもいないように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする