マイナス金利で不動産投資はどう変わる | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。                             
                                                  
『マイナス金利』不動産投資に与える影響はいかなるものか・・・・                  
                                                  
マイナス金利導入の狙いは、金融機関が日銀に預けて滞留している資金を融資などの形で市中に放出させて世の中にお金を回すことです。                                    
                                                  
この目標は、アベノミクスが始まったころから揚げられており、金融庁は中小零細企業向け融資を伸ばしているか、定期的にチェックしていました。 

                                
しかし、リーマンショックから立ち直りかけてきた金融機関としては、融資基準を甘くするわけにもいかず、政府が思ったほど融資は拡大しませんでした。                            
                                                  
今回行った、マイナス金利導入は、金融機関の融資を促す強力なメッセージとなっています。        
                                                  
金融機関が、日銀に資金を寝かして金利を取られるくらいなら貸出したほうがマシだ、と融資を出し始めれば世の中にお金が回り始めるため日本経済にとっては良い影響が出ると思います。             
                                                  
ただ、無茶な融資が増えてしまう可能性も高く、将来的には不良債権化して景気悪化へとつながることも考えられます。                                             
                                                  
各金融機関の融資スタンスは、まだ解らない状況ではありますが、政府からのメッセージが出ていることもあり、金融機関の全てが融資を現行通りということは考えにくいと思います。                 
                                                  
やはり、徐々に市場に資金が流れ出し、景気が上向きになるのではないでしょうか。
                                                  
 不動産バブルがくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする