マイナス金利政策の落とし穴 | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。                             
                                                  
日本銀行が1月29日、初めて『マイナス金利』を導入され、2月16日からマイナス0.1%の金利が適用された。
ちなみに、昨年までに、EUの中央銀行(ECB)やスイス、デンマーク、スウェ―デンでは導入されています。  
                                                  
マイナス金利が導入されることで、実際、住宅ローン金利が下がりはじめています。            
                                                   
では、そのまま金利が下がり続けたらどうなるのか。デンマークでは一部の住宅ローンがマイナス金利になり、『借りたらお金がもらえる』という信じられないような状況が現実に起きています。

            
デンマークの例は特殊な条件下であって、実際に日本で住宅ローンのマイナス金利が起きる可能性は極めて低いことですし、銀行は損をするだけなので、それならば貸さない方が得だからです。             
                                                  
ところが、同様にマイナス金利を導入しているスイスでは、住宅ローン金利が逆に上昇しています。マイナス金利の影響で銀行は貸出の金利を下げざるを得なくなり、収益が悪化して、その穴埋めのために住宅ローン金利を上げたようです。                                              
                                                   
さらにヨーロッパではATMなどの手数料を引き上げる動きもあるのです。                   
                                                   
日本でもマイナス金利が長期化すれば、銀行がなんとかお金を稼ごうとして、ATM手数料や振込手数料を上げる可能性があります。                                          
                                                   
さらに、先に導入したヨーロッパ諸国では年金の運用がまともにできなくなり、スイスでは将来、年金が支給されるかどうかという事態に陥っています。                                 
                                                   
日本の年金は、安定的な投資先である日本国債などで運用されていますが、マイナス金利によって国債の金利が低くなれば、予定していた運用益が上がらなくなります。                         
                                                   
切羽詰まってリスクのある株式などに投資するしかなくなり、もし、株価が暴落すれば運用益どころか大きな損が出てしまうかもしれません。                                      
                                                   
影響を受けるのは、年金だけでなく同様に日本国債などを中心に運用されてきた、貯蓄性の高い生命保険や年金の足しにと加入していた終身保険、学資保険などの運用も悪化し、利率が下がることも考えられます。     
                                                   
マイナス金利政策は、私たちの暮らしにプラス面もありますが、マイナスの影響についても知っておきましよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする