【不動産用語】仮説工事とは | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの高橋です。

本日は、不動産用語辞典カ行に『仮説工事』についてアップしてみました。

仮説工事とは、建物を建てる際、工事や作業をスムーズに進める為に必要な施設や作業場をつくる為の工事のことですが、その工事内容は多岐にわたります。

仮説工事の例

仮説工事の例では、

高所を作業する為に設置する『足場』であったり、転落用や防音用のネット掛け。

防犯を目的とした『仮囲い』。仮設水道仮設電気。完成した壁や床などを保護する目的でつくられる『養生』などがあげられます。

その他にも様々なものがあります。

完成後は何も残らない仮設工事

完成後は、すべて撤去され残らない工事ですので、シンプル且つスピーディな仮説工事テクニックが求められるところでもあるのです。