低金利の今が絶好の投資タイミング

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。不動産投資事業をする場合、ほとんどの方は融資を使う事になる
と思いますが、その場合、当然の如く金利は低いほうが良いのにきまっています。まさに、今がその絶好のタイ
ミングです。金融機関の貸出金利は、低ければ低いほど良いし、購入する物件の利回りは高ければ高いほうが良
いその事による安定した高いリターンをつかみたいですよね。
不動産投資の分野では、上記の内容の事を『イールドギャップ』と言います。本来は、違う意味での金利差を言
ますが不動産とは関係ないため省略します。
解りやすく説明すると下記の内容です。

イールドギャップ=表面利回りー借入金利 

例えば  物件価格が5000万円で表面利回り10%の物件を購入するとして、金融機関より金利2%で借入
5000万円として考えた場合

この場合の、イールドギャップは  10%-2%=8%

不動産投資を事業として考えているのでしたら、この、イールドギャップの概念は必ず理解しておきましょう。
なぜなら、この、イールドギャップ、つまり借入金利と投資利回りの差こそが、不動産投資事業から生まれるて
くるキャッシュフロー、つまり『自由に使えるお金』の原資となるからです。

まさに、今が、このイールドギャップが皆さんにとって非常に良い状況なのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする