冬季間の不動産経営に費用な経費

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。 北海道は、昨日からの悪天候のため道東や道北を中心に大雪で交通機関が乱れています。札幌も雪模様で、私も昨日、今日と朝から除雪作業で体が筋肉痛状態です。    
                                                  
ここのところ、札幌は雪が少なく例年のように除雪車を見る日が少なかったのですが、やはり、そうはいかないようです。道路の脇には、除雪で溜まった雪山で見通しが悪い場所もあり、飛び出してくる人や車に注意が必要です。                                               
冬季間は、アパート、マンションの管理会社にとって、水道の凍結や除雪作業で一年で一番忙しい時期です。 
                                                  
物件を所有しているオーナー様にとっては、除雪費やロードヒーティングの灯油代などの経費がかかるため、積雪量はきになるところでしょう。

                                   
これも、不動産経営を北海道でするためには、必要な経費ですし入居者確保には大事な部分ですから、あらかじめ経費を見込んでおくことが必要です。                                
                                                  
又、この季節、屋根からの落雪により通行人や車に対して事故なども起きないとはいえないので、所有している物件に施設賠償保険を必ずかけるようにお勧めしす。                         
実際に、私の経験で雪による落雪で、隣の敷地に駐車していた高級外車が凹んで保険の適用をうけた事があります。年間、1万円前後の保険料で保障してもらえるのでかなり助かります。                
保険会社にとっては、割に合わないように思いますが。                         
                                                  
 ウインタースポーツは楽しいですが、できれば市街地は雪が少ないほうが嬉しいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする