区分所有権と敷地権 | 北海道不動産リアル

こんばんは、北海道不動産リアルの高橋です。

今日は、不動産用語辞典の『区分所有権』についてアップしてみました。

区分所有権とは

区分所有権とは、簡単に言うと 1つの建物が2つ以上に構造上分かれていて、分かれた部分をそれぞれ所有する権利です。いわゆるマンションやアパートの部屋を所有権利です。マンションを自宅用や賃貸用に購入した場合、マンションの1部屋の区分所有権を持つことになります。

区分所有権の要件

区分所有権の要件としては、以下の通りです。

  • それぞれが構造上の独立性を確保していること。
  • それぞれが利用上の独立性を確保していること。

敷地権

ちなみにマンションの一室を購入した場合、区分所有権と共に『敷地権』も合わせて所有することができます。区分所有権に付随してくる『敷地権』は、区分所有建物に付いてくる権利となっていますので、別々に分けて売買することはできません。つまり、区分所有権と敷地権は『一体』になっているのです。