新耐震基準の建物を選びましょう

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。不動産投資物件を購入する場合、建物の建築年月日(築年数)は気になるところです。新築物件を購入するのであれば良いのですが、築年数により建物の現状、修繕履歴などから判断する材料になります。                                     
                                                  
ひとつ、大事な基準として建物の耐震基準があり、築年月で大きく分かれる為、覚えてほしいと思います。  
                                                  
1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、現在の新耐震基準が誕生しました。それ以前の旧耐震基準は、1981年5月以前に建築工事を着工した建物に適用されています。               
                                                  
これは、中地震(M5~7)を想定しており、震度5強程度の揺れでも倒壊せず、破損したとしても補修するこで生活が可能な耐震基準とされています。しかし、現在の耐震基準に照らし合わせると問題があるとも言われています。                                              
                                                  
実際、阪神淡路大震災のときの被害状況を見ると、旧耐震基準の建物のほうが、新耐震基準の建物よりも被害が大きかったことが見て取れます。                                   
                                                  
1981年以前は旧耐震基準、1981年以降は新耐震基準と覚えて、なるべく新耐震基準を選ぶようにすることで災害のリスクへの対策となるでしょう。                              
金融機関についても、やはり、新耐震基準かどうかは融資基準となることがある為、大事な点となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする