物件情報収集から購入までの流れ | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。  中古の不動産を購入する場合の一般的な流れを知りましょう。
                                                   
1、情報収集                                             
  事前に投資目的を決め、検討した上でインターネットやその他媒体により情報を収集する。      
                                                   
2、問い合わせ                                            
  購入判断に必要な情報を取り寄せる(物件概要、レントロール、その他)                
                                                   
3、現地調査、内覧                                          
  現地調査は必ず行う。空室がある場合は内覧する。                          
                                                   
4、買付け証明書を提出                                        
  自分の購入条件に合っている物件であれば手付金や融資特約などをよく検討したうえで、購入の意思表示を行う。                                              
                                                   
5、売主の承諾、交渉権獲得                                      
  売主から回答があれば、交渉権を獲得できる。                            
                                                   
6、金融機関へ融資の申込み                                      
  融資を利用して購入する場合は、このタイミングで金融機関に融資審査を申し込む。           
                                                   
7、売買契約                                             
  ある程度、融資が見えた段階で売買契約を交わす。                          
                                                   
8、金融機関の融資内定                                        
  金融機関から融資承認の連絡                                    
                                                   
9、金銭消費契約                                           
  金融機関と融資実行についての契約を交わす                             
         

                                          
10、決済                                              
   原則として、売主、買主が同席して融資実行する金融機関などで決済と物件      の鍵引渡しや、建物の確認申請副本、その他、建物に関する書類の引渡しを受ける。所有権移転などの登記手続きは司法書士立会で行う。
                                                   
  以上が、不動産投資での情報収集から購入までの流れです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする