買付証明書の提出は

SCY /

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。  物件の収集や現地調査を経て、この物件を買おう・・と言う結論が出た時点で、すぐに買付証明書を売主又は仲介業者にあてて提出することになりますが、買付証明書は物件の購入希望者が、売主又は仲介業者に対してその不動産を購入する意思を表明する書面です。     
                                                  
他に、『買付申込書』、『購入申込書』などと呼ぶこともあります。                   
                                                  
この書面は、購入希望者の一方的な意思表示にすぎません。

法的な拘束力はありません。そのためその後、物件を実際に購入するかしないかは提出者の自由です。 

                          
しかし、安易に買付証明書を出し、簡単に取り下げると、不動産業者の信用を一気に失うことにもなりかねません。たとえ法的拘束力はないにしても、安易に提出することは避けたほうが良いと思います。        
                                                  
買付証明書は、商取引の道義に基づいている書面だと考えるべきです。                  
                                                  
買付証明者が売主へ出され、書面の内容を了承すれば仲介業者を通して承諾の意思が伝えられ、そこから、具体的に契約交渉に進んでいきます。                                   
                                                  
なかには、買付証明書をいろいろな物件へ乱発する購入者がいますが、このような方は、その後、不動産業者からまともに対応することはなくなると肝に銘じておく必要があるでしょう。                
                              

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする