4つの土地価格 | 北海道不動産リアル

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。  不動産を大きく分けた場合、土地と建物になりますが、その土地についても所有地借地と分かれる事もあります。                        
                                                  
土地には、ひとつの土地に4つの違った価格が存在するので、この現象を指して『土地の一物四価』と呼びます。
                                                  
4つの価格の内訳は、次の通りです。                                 
                                                  
1、実勢価格(時価)                                        
  この価格は、実際の取引が成立する(した)価格のことです。                    
  時価とも言い、売り手と買い手の間で需要と供給がつり合う価格をさします。             
                                                  
2、公示価格                                            
  この価格は、一般の土地の取引価格に対して指標を与えることなどを目的として、毎年1月1日時点の更地価格を、国土交通省土地鑑定委員会が公表するもので                       
  政府が決定する、土地取引の参考価格だと考えればいいでしょう。                  
                                                  
3、相続税評価額(路線価)                                     
  この価格は、相続税や贈与税の課税基準となる土地の価格のことです。『路線     価』とも言い、公示価格の80%を目安に決定されています。                                
                                                  
  ※金融機関が、評価額を試算する際に使う土地の価格は、この数字です。               
                                                  
4、固定資産税評価額                                        
  固定資産税や不動産取得税、登録免許税などの不動産関係の税を課税する際、基準となる評価額です。

 公示価格の70%を目安に決定されています。                           
                                                  
 以上のように、土地の価格には4つの価格があり、用途によって使い分けていますので覚えておくと良いでしょう。                
                                            
 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする