不動産経営を取り巻く現状と高齢者

こんにちは、北海道不動産リアルの半沢です。  現在、不動産経営を取り巻く現状は、地域によって多少の違いがあるにせよ、戸建住宅、賃貸アパート、マンションなどの空室が年々増加傾向にあり、様々な対応がされていますが、人口が減少し続けているのに不動産の供給量は増えています。                 
                                                  
一方、人口は減り続けていても高齢者の数は確実に増え続けており、高齢者の条件も多様化して色々な種類の建物ができてきています。サービス付高齢者住宅(サ高住)については、国の補助金を利用して建築が出来る事で全国的に新築が増えました。

しかし、補助金を利用するためには、建物の基準がありその基準を満たす建物を新築すると工事費がかさみ、収益を得るためには結局、高齢者からの利用料を高くする事になります。     
                                                  
高齢者が皆、高い利用料を支払えるはずはなく結局、部屋がうまらず空室ができる。と言う悪循環も出てきています。

                                               
高齢者のなかで高額な物件に入れるだけの余裕がある方は、そのような物件に入居するのが良いと思いますが、大半は、少しの資金と年金で生活をしている方が多いのですから、低所得者でも安心して入居ができる物件を増やすよう、国も規制緩和など物件を増やす努力が必要ではないでしょうか。                
                                                  
私の知り合いの介護事業者さんの運営している物件は、低所得者の方でも入居できるような利用料に設定されているため、どの物件も満室状態です。                                 
                                                  
私がご紹介する、高齢者共同住宅一棟企画(有料老人ホーム)は高齢者さんを第一に考えた物件です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする